古物商許可(免許)取得申請代行 本文へジャンプ


古物商許可 必要書類

許可を受けられない場合  

次に該当する方は、許可を受けられません。  

1. 成年被後見人、被保佐人又は破産者で復権を得ないもの。     

2. 禁錮以上の刑、又は特定の犯罪により罰金の刑に処せられ、5年を経過しない者   

3. 住居の定まらない者   

4. 古物営業の許可を取り消されてから、5年を経過しない者   

5. 営業に関して成年者と同一の能力を有しない未成年者 申請書類等 古物商を個人で始めるなら個人で許可申請、  法人で始めるなら法人で許可申請をすることとなります。




申請の際は以下の書類が必要となります。 (正、副各2部必要)

法人 個人
申請書
登記簿
定款
住民票
登記事項証明書
身分証明書
誓約書
経歴書



身分証明書 申請者の本籍が所在する市区町村長が発行するもので、申請者が「成年被後見人・被保佐人等」に該当しないことを証明したもの。

登記事項証明書 東京法務局が発行するもので、「成年被後見人・被保佐人」に『登記されていないこと』を証明したもの。 

○東京法務局民事行政部後見登録課
   東京都千代田区九段南1−1−15 九段第2合同庁舎 7階
   電話 03−5213−1234


許可申請窓口
営業所の所在地を管轄する警察署の生活安全課


許可申請手数料  

新規申請・・・19,000円

許可証の書換え申請・・・1,500円

許可証の再交付申請・・・1,300円

古物競りあっせん業の認定 17,000円

許可証交付までの期間の目安  約40日くらい